男性

ストレスは病気の元凶となっている|健康のために解消法を学ぶ

特徴と注意点

医者と看護師

特徴

数値などで実際に目には見えないものの、身体にとって様々な悪影響を与えてしまうのがストレスです。しかしながら、ストレスがある一定以上溜まってストレス過多になっている人は、行動や立ち振る舞いなどにおなじような変化が見られます。ここではストレス過多になった人に共通してみられる特徴的な言動や立ち振る舞いをいくつか紹介します。まず、会社のデスクの上というのは普段から散らかっている人、整理整頓している人など様々ですが、普段整理整頓している人の机が散らかり始めたら机を片付ける暇がないほど忙しいか、片付ける気力をなくしてしまっている証拠です。これは精神的に余裕が亡くなってストレスを感じている人によく見られる特徴の一つと言えます。また、行動として心に余裕が無い人によく見られる特徴としては普段早めに来ている人の出勤時間が遅くなったり、さらには遅刻や欠勤が多くなるという特徴があります。これは会社に行くという行動自体がすでに憂鬱に感じているという証拠です。そして、遅刻をするという行為自体もストレスの原因になります。

注意点

私たちが一般的に生活習慣病と呼んでいる様々な病気の原因となっているのがストレスです。そもそも、ストレスを感じてしまうと、生活習慣が間違いなく乱れてしまい、様々な病気を発症するリスクをさらに高めてしまうのです。そのため、日ごろからストレスを感じないよう注意しなければいけません。裏を返せばストレス対策をすることによってさまざまな病気の予防にもなっているのです。まず、ストレスは真面目ないつも頑張りがちの人が受けやすいものなので、オンとオフノメリハリをつけるように注意しましょう。仕事中は真面目にやるのはもちろんですが、終わって家にいる時くらいは少し自分を甘やかしても良いでしょう。好きな事をするのはストレス解消になりますが、水位な事をしようと睡眠時間を削るのは逆に体に負担がかかり良くありません。タップリと睡眠をとるのもストレス対策の一つだという事も頭に入れておきましょう。身体に負担がかかるとそれだけで様々な病気の原因にもなります。無理をせず規則正しい生活をするのもストレスをため込まない対策の一つです。また、ストレスが貯まり、心身に悪影響を及ぼし始めたら、すぐに医療期間を受診しましょう。初期の段階で受診をすれば、症状の悪化を防ぐことができます。