心の病気を癒やすストレスとの上手な向き合い方

ストレスは病気の元凶となっている|健康のために解消法を学ぶ

自律神経失調とは

診断

ストレス社会で増えている病気の1つに自律神経失調症があります。自律神経失調症は心療内科や精神科で治療を行い、薬物療法とカウンセリングによって治療を行いますが、1日3食バランスのとれた食事を摂る、規則正しい生活、適度な運動、ストレスを溜めないことも自律神経失調症の改善そして予防に繋がります。

もっと読む

特徴と注意点

医者と看護師

様々な病気の原因の一つとなっているのがストレスです。眼には見えないですが、ストレス過多の人は行動や立ち振る舞いに色々な共通する特徴がみられます。仕事の時と家にいる時にメリハリをつけるように注意して家にいる時は少しは自分を甘やかすようにしましょう。

もっと読む

病院への考え方を工夫する

看護師

大きな病になる前に

会社での仕事などの私たちの日常生活は、ストレスとは全く無縁とはいきません。うまくストレス解消し、ストレスと付き合っていくことが重要ですが、忙しい日々に中々そうもうまくできない人も多いようです。ちょっとしたストレスで体の微妙な変化が出てしまう時もあります。それでも「いつものことだから」と見過ごしてしまい後々大きな病気になっていたりすることも珍しくありません。例えば、小学校くらいの子供でも学校に行きたくなかったらおなかが痛くなったりするなど…病気じゃないのにそうなってしまうでしょう。心と体は密接につながっています。大人でも、外に出る気が進まなかったり、どんよりした気分が続く…などそのような症状が現れた時に少々深刻な病気を疑ってもよいでしょう。ストレス由来の病気で一般のお医者さんにかかっても、問題がないと帰されてしまうこともよくあります。そして病院に行くこと自体も嫌になってストレスに感じて足が遠のいてしまいます。そのようなことにならないために、気軽に心療内科にかかってみるのも一つの方法かもしれません。

気楽に受診しよう

大きなストレスを抱えながら、体に異変はあっても休めません。後に大きな病気になって「あの時病院にかかっていたら…」と後悔してしまう前に一刻も早く病院にかかりましょう。精神科や心療内科は昔ほど敷居は高くないですが、今も少し行きづらいものです。しかしストレス由来の病気のスペシャリストがいるのが精神科や心療内科です。普通の診療ではなく「こころ」の面からも診断してくれるので、心療内科・精神科にかかったら心のモヤモヤも晴れて治療方法が定まり復活ができたという方も大勢います。どちらの科を選んでも大きく差はないようなので大丈夫です。もし不安なのなら簡易的な調べ方を紹介します。心がなんとなく普通ではないのなら精神科を訪ねましょう。精神的な症状も相まって体も具合がよくないのなら心療内科に行きましょう。近所の行きつけやすい科を選んでください。事前に電話で確認を取るのも良いかと思います。今は駅前にあるクリニックや土曜までやっている医院があったりと比較的にかかりやすくなっています。臆せず自分の体調や健康状態、日常に支障が出ていたらそのことを告げ病気を見つけてもらいましょう。病気だと判明した時には、ゆっくりと治療に向き合う必要があります。薬物療法や心理療法などで病気の症状の改善を図ってゆきましょう。

メンタル不調への対応

女性

最近の企業が抱える重要な問題として、従業員が職場での事などに起因して心の病気を発症する、いわゆるメンタルヘルス問題があります。心の病気はストレスによって引き起こされる為、会社は職場でのストレス要因を把握し、対応することが求められます。

もっと読む

受け止め方しだいです

男の人

強いストレスを受けたり、ストレスを長い期間受け続けると、心身にさまざまな影響が出て、病気につながることもあります。原因を探り、自分に合ったストレス解消法を見つけて、上手にコントロールすることが大切です。

もっと読む

疾患が見当たらない場合

ハート

ストレスは、本人に自覚がない場合もあります。下痢など消化器系の病気が起こることが多いようですが、それ以外にもいろいろな症状があります。不眠や皮膚のかゆみ、アレルギー症状の悪化などがあります。体の疾患が見つからないようであれば、ストレスが原因かもしれません。精神科や心療内科で一度相談してみてください。

もっと読む